借金 特定調停

特定調停で借金を整理する

借金を整理する方法はいくつかありますが、その中の一つに調停を利用し整理をするという方法があります。
調停とは裁判所の調停委員に間に入ってもらい、お互いの意見を主張しながら合意によって借金問題を解決をしていくというものです。

 

そして借金の整理に利用することができる調停のことを特定調停と言います。

 

特定調停とは?

 

特定調停とは借金の返済をすることが困難になってしまった債務者が裁判所に申立をして、債権者と債務者で返済をすることができるようにいろいろ調整しながら整理をしていくものです。
この方法を利用して債務整理をすると任意整理とは違い、調停委員が間に入ってくれるので交渉をする必要がないので、一般の人が利用しやすいということがあげられます。
また裁判所に申立をして行う個人再生や自己破産とは違い、安い費用で手続きをすることができます。

 

特定調停のメリットとデメリット

 

特定調停にはメリットとデメリットがありますが、以下のようなことがあげられます。

 

特定調停のメリット

 

・ 利息制限法に基づく利率まで引き直して借金を計算することによって、借金を減額さ
せることが可能です。減額の度合いによってはかなり返済が楽になるという場合もあ
ります。
・ 特定調停を利用して整理をする借金を自分で選ぶことが可能です。そのため自分で解決
できそうな借金は任意整理の方法で、自分で解決できなさそうな借金は特定調停を利用
するということも可能です。
・ 住宅ローンや車のローンなどの借金を対象から外すこともできるので、住宅や車を維持
しながら手続きをすることができます。
・ すでに強制執行されてしまっている場合においては特定調停の申立をすることによってそれを阻止することができます。

 

 

特定調停のデメリット

 

・ 裁判所に申立をする際に提出しなければならない書類がいくつかあるので、任意整理よりも手続きが面倒です。
・ 債権者と債務者の間に入ってくれる調停委員は必ずしも債務者の見方というわけではないので、場合によっては不利な条件で合意をしなければならない時もあります。
・ 特定調停の対象となった借金が払いすぎになっていても過払い金の返還を受けることができません。