債務整理 住宅ローン

住宅ローンは債務整理デキる?

マイホームを購入するために住宅ローンを利用する人も多いですが、もしこのような人が借金問題で債務整理の手続きをしなければならない場合において、住宅ローンの債務整理をすることができるのでしょうか?

 

債務整理の種類によってできる場合とできない場合があります

 

住宅ローンの債務整理をすることができるかどうかですが、基本的には可能であるといえます。

 

そしてどのような方法があるのかというとまず住宅ローンを組んでいる人は継続的な収入を得ているので、個人再生の方法を選択することが可能です。

 

そこで個人再生の住宅ローン特則の制度を利用することによって、住宅ローンだけ別の手続きで債務整理をすることが可能です。

 

しかし住宅ローン特則の制度を利用するためには一定の条件を満たす必要があるので、これを満たすことができない場合はすることができません。

 

次に任意整理の方法を利用する場合は整理の対象に含めることも含めないこともできるのですが、含める場合はまず金融機関と今後の返済条件を見直してもらうことになります。

 

そして金融機関側が変更しても大丈夫だと判断してくれれば応じてもらうことが可能ですが、そうではない場合はなかなか難しいのが実情です。

 

特に担保になっているマイホームの価格よりもローンの価格が高くなっているオーバーローンの場合は応じてもらえない可能性のほうが高いです。

 

もし応じてもらえない場合は住宅ローンを維持することができないので、任意売却の方法か競売の方法でマイホームを処分しなければなりません。

 

そして自己破産の手続きを利用する場合は借金を免除してもらうことになるので、住宅ローンを維持することはできないので、当然債務整理をすることはできません。

 

このように住宅ローンの債務整理をすることができるかどうかは手続きの方法によって結論が異なってきます。そのため債務整理をしたいというのであれば可能な手続きの方法を選択する必要があると言えます。

 

また住宅ローンの債務整理をするにはメリットもデメリットもあるので、総合的に判断して決めるのがいいでしょう。