債務整理とは

債務整理とは?メリットデメリットを理解しよう

債務整理の種類について

 

消費者金融でキャッシングを利用してお金を借りてしまうと利用しやすいためかつい借りすぎて借金の額が大きくなってしまい、返済することができなくなってしまいます。

 

借金問題で苦しい生活が長引き、自分だけでは返済をすることができなくなってしまった場合、どのように解決をしていくのかというと債務整理の手続きを専門家にしてもらいます。

 

債務整理とは、自分が負っている借金を整理することを言いますが、この手続きにはいくつかの種類があるので、自分に合った方法を選択することになります。

 

債務整理の相談は無料でできるので、まずはプロである弁護士に相談してどれが最も自分に良いのかを確認する事が重要です。

 

借金の額がそれほど多くない場合は任意整理

 

借金を自分だけで返済することは困難ですが、借金の額がそれほど多くなく、返済方法や返済額を見直すことによって返済が可能な場合は任意整理の方法ですることになります。

 

任意整理とは裁判所を介さないで、債権者と債務者で話し合いながら返済額や返済方法を決める債務整理の手続きです。

 

この手続きのメリットは裁判所を介さないのでスピーティーに手続きをすることができることがあげられます。

 

逆にデメリットとして債権者と直接交渉して話をまとめないといけないので少し骨の折れる作業となるところです。

 

裁判所を介して手続きをする特定調停、個人再生

 

裁判所を介して手続きを債務整理の手続きとして特定調停、個人再生があります。

 

特定調停とは裁判所の調停委員に間に入ってもらって、債権者と債務者が返済額や返済方法を調整していく手続きです。

 

個人再生とは裁判所に申立して負っている債務を一定の額まで減額をして、その額を計画に従って分割で返済をしていく手続きです。

 

これらの手続きのメリットとして裁判所が間に入ることになるので、交渉がしやすいということがあげられ、デメリットとして手続きが長期になったり、自分に不利な状況になってしまう可能性もあるということです。

 

最終手段の手続きである自己破産

 

上記にあげた債務整理の手続きでは解決をすることがでいない場合は最終手段として自己破産の手続きをすることになります。

 

自己破産とは負っている借金を手続きにおいて免除してもらうことができる債務整理の手続きです。

 

自己破産のメリットとして借金を免除してもらえることがあげられ、デメリットとして自分の所有しているほとんどの財産を取られてしまうということがあげられます。