リボ払い 借金地獄

要注意!怖いリボ払いの借金地獄

怖いリボ払いの落とし穴

 

キャッシングを利用してお金を借りた場合、後に借りたお金とそれまでの利用期間の利息を併せて返済をする必要があるのですが、その返済方法にはいくつかの方法があります。

 

そして返済方法の中の一つにリボ払いというものがあり、これは毎月支払う額を決めておいて、いくらお金を借りた場合でも支払うお金はその額だけでいいという返済方法です。

 

そのため返済することができるかどうかの不安を感じることなくお金を借りることができるので、一見おすすめの返済方法だと感じる人も多いのですが、リボ払いには怖い落とし穴があり、これにハマってしまうと借金地獄へとまっしぐらです。

 

借金問題で債務整理の相談に訪れる人の9割以上がリボ払いで苦しむという、怖いリボ払いの落とし穴とはどのようなものがあるのでしょうか?

 

リボ払いは当然利息が高くなってしまいます

 

リボ払いの返済方法を利用してお金を借りる場合の落とし穴としてまずあげられるのが金利が高くなってしまうことです。
なぜなら借りたお金を一括で返済する場合に比べて、返済期間が長くなってしまい、それだけ多くの利息を支払う必要が出てくるからです。
また一括払いに比べると残債も多くなるので、その分元本につくことになる利息も高くなってしまいます。
このような状況になると返済をしていてもなかなか元本が減らないので、そのまま多額の借金を負ってしまいかねません。

 

人間の弱さが影響してきます

 

リボ払いの方法で返済をしていると自分がどのくらい借金を負っているのかを把握することができなくなってしまいます。
なぜならあらかじめ決められた額だけ返済をすればいいので、返済に対する危機感がないからです。
それからキャッシングを利用するとすぐにお金を借りることができてしまうので、つい借りすぎてしまうことも少なくありません。
人間は基本的に弱い生き物なので、このような状況であると返済に対する危機感もないためかついついとお金を借りてしまい、これによって借金の額だけ膨らんでしまい、借金地獄へと入っていってしまいます。

 

リボ払いによって返済をする場合は上記のような落とし穴があるので注意しましょう。