ギャンブル 借金 債務整理

ギャンブルの借金やホストの売掛金は債務整理できる?

ギャンブルの借金やホストの売掛金は債務整理できるのか

 

借金問題に苦しみ債務整理の相談に訪れる人は多いですが、手続きをしなければいけないほど多額の借金を負ってしまった原因には様々です。

 

ギャンブルをするためや女性がホストを利用して遊んだ時の売掛金がたくさん溜まってしまったというケースも少なくありません。
ギャンブルをして遊ぶとどうしても勝ちたいという思いが先行してしまい、ついお金をつぎ込んでしまうからです。
またホストクラブにはイケメンの男性が多数在籍しているので、女性が一度利用するとハマってしまうことも多いです。

 

そこでギャンブルの借金やホストの売掛金は一般の借金の場合と同じように債務整理をすることができるのでしょうか?

 

ギャンブルの借金の債務整理について

 

ギャンブルの借金も基本的には一般の借金と同様に消費者金融などの金融機関でキャッシングをすることによって作ったものなので、同じように債務整理の手続きをすることが可能です。

 

しかしギャンブルの借金の場合は自己破産の方法での手続きは難しくなります。
自己破産とは自分の財産を提供するかわりに借金を免除してもらう債務整理の手続きのことですが、借金を免除してもらうためには免責を受ける必要があるのですが、ギャンブルで借金を作った場合は免責不許可事由の一つにあげられているので、免責を受けることができない可能性があるからです。

 

これに対して任意整理、特定調停、個人再生の場合であれば特に問題なく債務整理の手続きをすることが可能です。

 

ホストの売掛金の債務整理について

 

この場合において債権者となるのはホストのお店なので、債務整理の手続きをする場合にはホストのお店との交渉などが必要になってきます。

 

そしてホストのお店との交渉がうまくまとまれば任意整理の方法で手続きをすることが可能になります。
また特定調停や個人再生の場合でもホストの売掛金の債務整理をすることができないという規定はないので、手続きは可能です。
さらに自己破産の場合にホストの売掛金が浪費と見られるような大きな額でない限り、免責不許可事由とはならないので、債務整理の手続きをすることができます。

 

その他、債務整理の種類と詳細説明は債務整理とは?メリットデメリットを理解しようでもご紹介していますので、是非併せてお読み下さい。